雨漏り修理の費用と業者が行なう作業の流れ

修理してもらう前に確認しておくこと

雨漏り修理を業者に依頼するなら、知っておくべきことが2つあります。これから紹介することを確認すれば、修理を滞りなく進められるでしょう。

雨漏り修理は業者の選定が大切

雨漏り修理は、板金屋や塗装屋、便利屋などが行なっています。しかし、雨漏りの原因が特定できていない場合は、リフォームも行なっている業者に修理を依頼すると良いでしょう。このような業者であれば、雨漏りの部位に関わらず対応できますし、専属の外注業者と協力しながら修理を進めてくれます。さらに、業者選びの失敗を防ぐことにも繋がります。

費用を調べる

屋根の雨漏り修理費用の相場は、20万円~50万円以内と言われています。なぜこれほどの費用が掛かるのかと言えば、危険防止のために足場を組む必要があるからです。また、屋根に防水処置をする、屋根材を重ねるといった工事になると100万円以上の費用が発生するので、依頼の際は業者に正しい見積りを出してもらいましょう。

戸建て住宅による雨漏りトラブルを相談してみよう

雨漏りトラブルを修理業者に依頼する際は、すぐに作業に入るのではなく、見積もりが取れるか、完了までの期間について、修理工事の内容確認などを相談してから依頼するか考えましょう。

雨漏り修理の基本

相談する

雨漏り修理や調査の相談は、電話やメールからできます。専門業者では年中無休、24時間体制で対応していますし、相談費用も無料です。

見積もりを出してもらう

専門スタッフがすぐに現地まで駆けつけ、すぐに調査と見積もり作成を行ないます。調査費は発生せず、見積もりに納得がいかない場合はキャンセルも出来ます。

作業日程を決める

雨漏り修理業者では、依頼者の都合に合わせて作業を行なってくれます。そのため、依頼する場合は気兼ねなく希望の日時を伝えるようにしましょう。

雨漏り修理してもらう

作業当日には、豊富な知識と技術を持ったスタッフが迅速に修理を進めていきます。完了後は、状況説明なども行なってくれるので安心できます。

修理代金を支払う

修理費用は見積もりの段階で提示された金額で、追加費用を請求されることはありません。また、現金だけでなく、クレジットカードでの支払いも可能です。

TOPボタン